唯物論vsスピリチュアルの恋愛劇(ゴルデル『ピレネーの城』)

その花を口にしたら死にいたることもある一方、葉は命を救う薬草にもなる。
(ヨースタイン・ゴルデル『ピレネーの城』畑澤裕子・訳 NHK出版 より)

こんにちは。誠実に暮らしてますか?野村です。

今回紹介する本の表紙には、群生するジギタリスが描かれていました。
終盤を飾る印象的な場面です。

花言葉は「不誠実」「熱愛」。この物語にぴったり。お見事。

物語の世界観自体が推理の対象

というわけで、ノルウェーの作家、ヨースタイン・ゴルデルが2008年に発表した小説『ピレネーの城』を紹介します。

ゴルデルといえば、世界的なベストセラー『ソフィーの世界』です。
随所に哲学講義を織り込んだ小説でした。対象は中学生くらいからかな?
講義内容にリンクした舞台構成というか、物語の仕掛けに面食らったもんだ。

一方、今回読んだ『ピレネーの城』は、大人向けの恋愛もの。なんだか意外です。

主人公2人は、30年ぶりに再会した元恋人同士。
互いにパートナーも子供もいる身であれど、浮かれつつメールで濃密な議論に明け暮れる、という内容。
いわゆる書簡体小説で、メールの文面のみで進行します。

最初は、当事者にしか通じない人名や用語が飛び交っていて戸惑いました。
でも最後には全てが明らかになり、30年前に2人が別れるに至った経緯が判明します。

男は唯物論を信条とする学者、女はスピリチュアル系の高校教師。
この物語の世界が、どちらの世界観に合致しているのか推理しながら読むと面白い。
そういった面では特殊なミステリーの一種なのかも。

さて、この再会は偶然か必然か?

てなわけで今回はこれにて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

野村 野村のプロフィール
枕は高いほうがいい。高いほうが本を読みやすいのですよ。なので広めのタオルケットを何重にも折りたたんでその上に枕を載せてその上に頭を載せてたりする。twitterやってますFacebookもやってます

コメント

  1. Carol より:

    野村, thanks so much for the post.Really thank you! Keep writing.

  2. 野村 野村 より:

    thank you for reading!

  3. Torben より:

    本当にありがとうございました()

  4. 野村 野村 より:

    どういたしまして