ヘッセ作品を読むなら『車輪の下』を先に読んでおくべきですよ

「それじゃ結構だ。疲れ切ってしまわないようにすることだね。そうでないと、車輪の下じきになるからね」
(ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』高橋健二・訳 新潮文庫 より)

こんにちは。冒頭の引用、意味がわかりますか?野村です。

僕は、わかりそうでわかりません。

これがもし「そうでないと、取り返しがつかなくなるからね」あたりなら不自然さはない。
でも、原文と食い違ってしまうのだろな。

しかし「車輪の下じき」って不思議な響きだ。慣用句なのかな?

一度殺した自分への救済

というわけで、スイスの作家、ヘルマン・ヘッセが1906年に発表した小説『車輪の下 (新潮文庫)』を紹介します。

ぶっちゃけますが、この作品の主人公・ハンス君、最後に死にます。溺死。

事故かも知れない。自殺の可能性もある。
他殺のセンは非常に薄い。つーか、もし他殺なら物語が台無しだな。

この自伝的な作品で主人公を殺す必要があったのは、きっとヘッセ自身が自殺志願者だったからなのだろう。
未遂をやらかしたり、2度ピストルを買ったりと、たいへんな十代を過ごされたそうです。
『車輪の下』という虚構の中で願望を達成したのだと思う。
そしてこの願望達成は、作者が生きるために必要な儀式だったのかも。

ヘッセの後の作品『シッダールタ』や『荒野のおおかみ』でも主人公は自殺願望に陥ります。
でも救済がある。
本書でも救いがあるものと思い込んで読み進めていたので、この結末は結構ショック。
物語の背景にキリスト教が大きく居座っているのに、何ら役に立っていないのが象徴的。

で、今回、初めて『車輪の下』を読んだのだけど、「失敗した」と思いました。
他のヘッセ作品を手に取る前に読んでおくべきだった。

というのは、「『荒野のおおかみ』の享受、『シッダールタ』の境地を通し、『車輪の下』で一度殺した自分自身に手を差し伸べている」と感じたから。
いずれ発表順に読み直してみよう。

あと、本書は教育のありかたに警鐘を鳴らす作品でもあります。
でも、その部分は僕に響かなかった。
シビアな受験を経験した人、受験生を抱える家族、そして教育者が読めば思うところがあるはず。
僕は誰からも期待されなかったし、誰かに期待したこともないのです。

なんだか自分の薄っぺらさが身にしみる。

てなわけで今回はこれにて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

野村 野村のプロフィール
枕は高いほうがいい。高いほうが本を読みやすいのですよ。なので広めのタオルケットを何重にも折りたたんでその上に枕を載せてその上に頭を載せてたりする。twitterやってますFacebookもやってます