太陽の燃料は「時間」です(レイ・ブラッドベリ『華氏451度』)

書物には魔術的なところなど微塵もない。魔術は、書物が語る内容にのみ存在する。
(レイ・ブラッドベリ『華氏451度』伊藤典夫・訳 早川書房 より)

こんにちは。魔法を信じますか?野村です。

魔法って、必ず欲望が先行しているイメージが自分にはあるのですよ。
できることなら「書物が語る内容」に潜む欲望を噛み締めながら読書したいものです。

そんな思いも欲望ではある。

テーマは「破壊された文化」

というわけで、アメリカの作家、レイ・ブラッドベリが1953年に執筆した小説『華氏451度〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF)』を読みました。

タイトルの「華氏451度」を摂氏になおせば、およそ233℃。
これは、紙が燃え始める温度を指しています。

舞台は未来。読書や書物の所持が禁じられてから既に長い年月が経った世界。
この禁を破った者は拘束され、「昇火士」と呼ばれる役人によって本は燃やされてしまう。

主人公は 昇火士のひとり。
隣人である少女との出会いや、任務中の体験を通し、社会に対する疑問を膨らませます。
そして行動に移し、追われる身となる。というストーリー。

この作品は一見「検閲社会への批判」のようだけど、実際には「破壊された文化」がテーマとのこと。

受け身にしか情報に触れられないメディア・システムに甘んじる市民。
その結果に蔓延する、記憶力の水準の低下、底の浅い倫理などの描写に力が注がれていました。

書物は執着の産物

後半。目を引いたのが「なぜものを燃やしてはいけないのか」の答えにたどり着く場面です。

無理やり要約するとこんな感じ。

太陽は時間を燃やしている
→時間は年月と人びとを燃やすのに忙しい
→誰が手助けをしなくとも、その営みはつづく
→俺達が燃やし、太陽も燃やしていては、全てが燃えてしまう
→誰かが燃やすのをやめなくては
→太陽がやめるわけがない、やめるのは俺達の側だ

このように主人公は、河に浮かび、月を眺めながら思考を巡らせるのですよ。

論理というには詩的過ぎて首をかしげてしまう。
でも、太陽と自分を同列に並べているのが面白い。
逃亡中の人間というのは、特別な思考が働くものなのかも知れないです。

主人公に訪れた「気づき」には、どことなく悟りの境地を連想しました。
ところが結論は「モノやコトの保存」に向いているんですよね。
いわゆる「執着からの解放」とは正反対。

書物というのは執着の産物なのだな、などとあらためて考えさせられる。

てなわけで今回はこれにて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

野村 野村のプロフィール
枕は高いほうがいい。高いほうが本を読みやすいのですよ。なので広めのタオルケットを何重にも折りたたんでその上に枕を載せてその上に頭を載せてたりする。twitterやってますFacebookもやってます