透明水彩の良さを呟く

こんにちは。さぬさぬです。
最近、とくにはまっているものがありましてそれを書きたいと思います。

「透明水彩画」ご存知の方もいらっしゃるかと思います。
水彩画なんて今やデジタルでちょちょいじゃないか!という方もいらっしゃるかと思います。
が!
あえて、アナログで絵を描く楽しさを知ってもらえたらなぁということで…。

とりあえず準備するもの
・ミリペン(おすすめはコピックマルチライナー0.3mm)
・2B~4Bくらいの鉛筆
・練り消しゴム
・ホルベイン透明水彩絵の具12色
・パレット
・筆(平筆、穂先が大・中・小の筆)
・筆洗バケツ
・紙(私の一押しはヴィフアールの300g、またはアルビレオ)

ホルベイン透明水彩絵の具12色セット


ヴィフアール300g

たぶん、これだけ揃えるのに結構初期投資かかります
なんせ、ホルベイン透明水彩絵の具や紙がちょっとばかりお高いのです

まずはざざっと鉛筆で下書きをします。

その上からミリペンでなぞります。

練り消しゴムで鉛筆線を消したら線画の完成です。

では、着色に入っていきます。

ここからはもう、アナタのセンス次第としか…!!!

色を塗っている間は、もはやなんともいえない恍惚感になります。
ちょっとしたトランス状態???
(まぁ失敗したなと思うときはキャンバスが濁って見えます)

そして塗り終わったものがこちらになります。

なかなか綺麗に塗れたような気がします
(自画自賛)

色塗りには、カラーセラピーというセラピー効果があるそうです。
詳しくは↓こちら

カラーセラピーとは カラーセラピーとは色を使った心理療法。 好きな色を選んだり、効果的な色彩を生活に取り入れることにより心や体を元気にします。 あなたが無意識に選んだ色には、あなたの性格や心身の状態が映し出されています。 ・がんばりたいときに鮮やかな赤を選んだり ・やさしい気分のときに明るいピンクを選んだり
私は寒色系で塗り始めることが多いので、確かにリラックスしているかも…
差し色に黄色を多用するのでちょっとテンションがあがるかも…
思い当たる節が色々ありました。

これからもちょこちょこと描き溜めていこうと思います。

ここまで読んでくださった方ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

さぬさぬ さぬさぬのプロフィール
(株)アシスト富山入社1ヶ月半。デジタルイラストを行っています。今後はDTPも挑戦したいと考えています。趣味はレジンアクセサリー作りです。