Vimが使いやすくなるようmozcにショートカットを追加する

はじめに

こんにちは、野村です。

今回は、mozcにショートカットを追加してVimを使いやすくする方法を紹介します。

ここのところ、FreeBSD11.1を再インストールして、GUI環境を整えています。
以前はxfce4というデスクトップ環境を使っていたけど、やっぱ性に合わないのでOpenboxを入れてみました。
日本語入力はibus+mozcを使います。

ibusは、uimのようにvim協調モードがないので、デフォルトのままではVimで日本語を打つときに面倒です。
なので、EscapeキーやCtrl+[を押すとIMEを無効化するショートカットを追加しました。

ついでに、半角/全角キーが遠いので、Ctrl+\をIMEのトグルに設定してみます。

設定

ダイアログ「Mozc キー設定」上で、何度も編集ボタンを押してショートカットを追加するのは、ちょっとした根気が必要。
がんばりました。

追加したショートカットは以下の通り。

モード 入力キー コマンド
変換前入力中 Ctrl \ IMEを無効化
変換中 Ctrl \ IMEを無効化
直接入力 Ctrl \ IMEを有効化
入力文字なし Ctrl \ IMEを無効化
変換前入力中 Escape IMEを無効化
変換中 Escape IMEを無効化
力文字なし Escape IMEを無効化
変換前入力中 Ctrl [ IMEを無効化
変換中 Ctrl [ IMEを無効化
P力文字なし Ctrl [ IMEを無効化

最後に

以上、mozcにショートカットを追加してVimを使いやすくする方法を紹介しました。

だいぶFreeBSDが使いやすくなった気がします。

というわけで、今回はこれにて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

野村 野村のプロフィール
メインPCはWindows10のVirtualBox上のFreeBSD。Linux/Unixの小ネタを求めて日々右往左往してたりする。twitterやってます⇒https://twitter.com/usr_sbin。Facebookもやってます⇒https://www.facebook.com/nomura.634