どうせならxtermも設定しておいたほうがいいに決まっている

はじめに

こんにちは、野村です。

今回は、ターミナルエミュレータの定番「xterm」の設定メモです。

普段はrxvtを使うことに決めたのだけど、いちおうxtermも使いやすくしておくことに越したことはないと思うのですよ。

デフォルトのxterm

デフォルトではこんな感じ。w3mでgoogleを開いてます。

すっごく見にくいですね。

設定

設定ファイル「~/.Xdefaults」に以下のコードを追記します。

XTerm*utf8              : 1
XTerm*locale            : true
XTerm*selectToClipboard : true
XTerm*faceName: DejaVu Sans Mono:style=Book:antialias=true
XTerm*faceNameDoublesize: VL Gothic:style=reguler:antialias=true
xterm*ximFont: -misc-fixed-medium-r-normal--14-130-75-75-c-140-jisx0208.1983-0
XTerm*faceSize          : 10.5
XTerm*cjkWidth          : true
XTerm*fontDoublesize    : true
XTerm*saveLines         : 2000
XTerm*geometry          : 100x30+300+100
XTerm*scaleHeight       : 1.15

XTerm*background: #292929
XTerm*foreground: #EEEEEE
XTerm*color0: #333333
XTerm*color1: #A94952
XTerm*color2: #83A949
XTerm*color3: #A99F49
XTerm*color4: #4983A9
XTerm*color5: #A94983
XTerm*color6: #49A99F
XTerm*color7: #AAAAAA
XTerm*color8: #666666
XTerm*color9: #ED6975
XTerm*color10: #B8ED69
XTerm*color11: #EDE169
XTerm*color12: #69B8ED
XTerm*color13: #ED69B8
XTerm*color14: #69EDE1
XTerm*color15: #DDDDDD

設定を反映させるには、以下のコマンドを実行します。

$ xrdb ~/.Xdefaults

設定後のxterm

w3mで先程と同じページを開いてみました。

いい感じです。

終わりに

以上、xtermの設定メモでした。

最初、配色の調整が面倒だったので、backgroundとforegroundだけ設定してみたのですよ。
背景色を黒にしたところ、青色のフォントが沈んでしまいました。
なので、結局ネットからカラースキームを拝借して調整しました。

というわけで、今回はこれにて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

野村 野村のプロフィール
メインPCはWindows10のVirtualBox上のFreeBSD。Linux/Unixの小ネタを求めて日々右往左往してたりする。twitterやってます⇒https://twitter.com/usr_sbin。Facebookもやってます⇒https://www.facebook.com/nomura.634