FreeBSD11.1にSamba47を導入してファイル共有

はじめに

こんにちは、野村です。

ちょっと思い立って、VirtualBox上のFreeBSD11.1のホームデレクトリをホストPC(Windows10)から見えるようにしてみました。

導入

とりあえず最新のSambaをインストール

$ sudo pkg install samba47

/etc/rc.confに追記

samba_server_enable="YES"
winbindd_enable="YES"

/usr/local/etc/smb4.conf

[global]
        dos charset = CP932
        unix charset = UTF-8
        workgroup = WORKGROUP
        server string = Samba
        encrypt passwords = Yes
        security = user
        interfaces = 192.168.56.0/24
        bind interfaces only = Yes
        hosts allow = 192.168.56.
        printing = bsd

[homes]
        comment = Home Directories
        writeable = Yes
        veto files = /.??*/
        browseable = No
        read only = No

パラメータの確認

$ sudo testparm -v

Sambaユーザを作成

$ sudo pdbedit -a -u [ユーザ名]
$ sudo pdbedit -L -v

起動します。

$ sudo /usr/local/etc/rc.d/samba_server start

接続

windowsのエクスプローラーのアドレス欄に「\\」の後に接続先のIPアドレスを打ち込むと、共有するデレクトリが見えます。
この例の場合は「\\192.168.56.10」と打ち込んでます。

最後に

以上、FreeBSD11.1にSamba47を導入する方法を紹介しました。

VirtualBox上のホストオンリーアダプタで接続してるゲストPCにSambaを立てても大して使いみちがないかも知れないけど、そればいいっこなし。

本当は、ホストのWindows10上の共有フォルダをゲストのFreeBSDにマウントしたかった。
でもうまくいかないのですよ。
どうしたもんだか。

というわけで、今回はこれにて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

野村 野村のプロフィール
メインPCはWindows10のVirtualBox上のFreeBSD。Linux/Unixの小ネタを求めて日々右往左往してたりする。twitterやってます⇒https://twitter.com/usr_sbin。Facebookもやってます⇒https://www.facebook.com/nomura.634