【PHP】タロットをランダムに1枚表示するコマンドを作成

はじめに

こんにちは、野村です。

以前の記事で、タロットカードをランラムに表示させるweb上のスクリプトを作りました。

スマホで気軽に閲覧できるようになったのは満足。
でもPCのときは、わざわざブラウザから見るのが面倒に思えてきた。
なので、コマンド一発でカードとその意味を表示するようにしてみました。

画像の大きさを揃える

以前の記事で、タロットの画像を入手したときのことを書いたのだけど

【PHP】Web上でタロットカードをランダムに1枚表示する
タロットがマイブームなのですよ。でも欲しいカードが書店に売ってない。それならば、Web上でカードを見れるようにすればいい。なので作ってみた。

このままでは画像の大きさがマチマチ。なので横幅を300pxに揃えます。

ひとまず加工済の画像を格納するデレクトリ「tarot2」を作成。
そして加工前の画像が格納されているデリクトリに入り、以下のコマンドを走らせる。

for i in {1..78} ; do convert -resize 300x ./${i}.jpg ../tarot2/${i}.jpg ; done

スクリプト

web用のスクリプトを流用したかったのでPHPで書きました。
カードの表示は、displayコマンドを使います。

以下のスクリプトを「tarot」というファイル名でパスの通ったデレクトリに保存。
パーミッションを755にする。

#!/usr/bin/php
<?php

require_once("tarot-data.php");

$rnd = rand(1, 78);

echo $dt[$rnd - 1][0]."\n";
echo $dt[$rnd - 1][1]."\n";
exec('display ~/Pictures/tarot2/'.$rnd.'.jpg');

データ部分

以前の記事で書いた「tarot-data.php」をそのまま使います。

【jQuery】WordPressの固定ページでajaxを利用
前回、PHPでタロットをランダムに1枚表示するページを作りました。それをWordPress上に表示させます。ちょっとした自作ブログパーツです。

スクリプト「tarot」と同じデレクトリに入れればOK。

おわりに

というわけで、タロットカードをランダムに1枚表示するコマンドを作ってみました。

これでコンソールに「tarot」と入力するだけ。
[Esc]か[q]を押せば画像が消えます。お手軽ですな。

というわけで、今回はこれにて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

野村 野村のプロフィール
メインPCはWindows10のVirtualBox上のFreeBSD。Linux/Unixの小ネタを求めて日々右往左往してたりする。twitterやってます⇒https://twitter.com/usr_sbin。Facebookもやってます⇒https://www.facebook.com/nomura.634