【PHP】Web上でタロットカードをランダムに1枚表示する

はじめに

こんにちは、野村です。

タロットがマイブームなのです。
占いをしたいわけじゃなく、画集として手元に置いておきたいと思ってます。

欲しいのは、ウェイト版(ライダー版)。
でも行きつけの書店に置いてなかった。別の書店も3軒まわれど在庫ナシ。
いちばんポピュラーなカードのはずなのになぜ?

アマゾンなら2000円くらいから。でも性格上、通販は利用したくない。

そんなとき、ウェイト版の画像がWikipediaに揃っていることを思い出したのですよ。
そこから拝借してWebサーバにアップし、ブラウザから閲覧すればいいのでは?

カードを用意する

Wikipediaから画像をダウンロードします。

ひとつのデレクトリに画像をまとめ、そのデレクトリに入り、以下のコマンドでファイル名を変更。

$ ls *.jpg|awk '{printf "mv %s %s.jpg\n",$1,NR}'|sh

ファイル名が 1.jpg~78.jpg の連番になりました。

スクリプト

index.php

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="UTF-8"/>
    <meta name="viewport" content="width=device-width" />
    <title>tarot00</title>
</head>
<body bgcolor="black">
<center>
<?php
$rnd = rand(1, 78);
$rev = rand(0, 1);

printf('<img src="img/%s.jpg" width="250" id="CARD"/>',$rnd);

if ($rev==1) {
  echo "<style>#CARD {transform: rotate( 180deg );}</style>";
}
?>
</center>
</body>
</html>

このファイルと同じデレクトリ内にデレクトリ「img」を作ってカードの画像をすべて収納する。

ブラウザからアクセスすると、ランダムに1枚表示される。
別のカードを見たければリロード。それだけ。

おわりに

以上、タロットカードをランダムに1枚表示するPHPスクリプトを作ってみました。
作ったページのURLは秘密です。

ともかくこれで、いつでもスマホでカードを見れるようになりましたよ。
カードの意味までわからないけど、いいんです。

次回は、これをWordPress上に表示してみます。

【jQuery】WordPressの固定ページでajaxを利用
前回、PHPでタロットをランダムに1枚表示するページを作りました。それをWordPress上に表示させます。ちょっとした自作ブログパーツです。

というわけで、今回はこれにて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

野村 野村のプロフィール
メインPCはWindows10のVirtualBox上のFreeBSD。Linux/Unixの小ネタを求めて日々右往左往してたりする。twitterやってます⇒https://twitter.com/usr_sbin。Facebookもやってます⇒https://www.facebook.com/nomura.634