Ubuntu18.04 serverにOpenboxを導入した

はじめに

こんにちは、野村です。

ubuntu18.04 LTS がリリースされました。
さっそくVirtualBoxにserver版をインストールしてみましたよ。

今回は、インストール直後の状態からウィンドウ・マネージャ「openbox」と、VirtualBox の Guest Additions をインストールした時の記録です。

記録

一応、apt update してみる。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

何も起きなかった。ドンマイ!
それから openbox をインストールしてstartx。

$ sudo apt install xinit openbox xterm
$ startx

openboxが立ち上がったら、右クリックからターミナルエミュレータを起動。
そしてVirtualBoxのメニューから[デバイス]→[Guest Additions CD イメージの挿入…]を選択。
それからターミナルエミュレータでGuest Additions CD イメージをマウントして移動。

$ sudo mount /dev/cdrom /media
$ cd /media

Guest Additions の導入に必要なパッケージをインストール。
そして Guest Additions をインストールし、念のため仮想マシンを再起動してみた。

$ sudo apt install gcc make perl x11-xserver-utils
$ sudo ./VBoxLinuxAdditions.run
$ sudo reboot

再起動後、startxして、VirtualBoxのメニュー上の [表示]→[シームレスモード] が選択可能になっていれば Guest Additions の導入に成功したことになる。

最後に

以上、VirtualBox上の ubuntu18.04 LTS server に Openbox と VirtualBox Guest Additions を導入したときの記録でした。

今回のキモは「Guest Additions は GUIを起動した上でインストールしなければならない」です。
以前、これを知らなかったので面倒なことになってました。

というわけで、今回はこれにて。