Fedora26を最小インストールした直後にやったこと

はじめに

こんにちは、野村です。

VirtualBox上にFedora26をセットアップしてみました。
目的はローカルのWeb開発環境の予定。
なので最小構成でセットアップします。デスクトップは必要ありません。

セットアップ中

・ネットワークアダプタは2つ利用します。ひとつはNAT、もうひとつはホストオンリーアダプタ。
・ネットワークはセットアップ中に手動で設定しました。enp0s3はdhcp、enp0s8には192.168.56.12という具合。

セットアップ直後

管理ユーザで直接ログインします。

・sshdは動作していました。
・sudoもインストールされています。

sudoの設定

いちおう、コマンド「visudo」でsudoの設定。使い方はviと同じです。
jakeさんにsudo権限を与える場合、以下のコードを追記します。

jake     ALL=(ALL)     (ALL)

共有フォルダの設定

ホストPCとの共有フォルダの設定を行います。
ホスト側の設定は以前の記事を参考にします。

VirtualBoxに共有フォルダを設定する方法
VirtualBoxに共有フォルダを設定する方法を紹介します。ホスト-ゲスト間でフォルダを共有させると、ファイルの受け渡しなどで便利です。

ただ今回は、自動マウントにcronを使います。

一般ユーザになって、マウント用のデレクトリを作成します。

$ mkdir ~/vmdir

管理ユーザに戻って、ファイル「/etc/rc.local」を作成します。

$ vi /ect/rc.local

内容は以下の通り

#!/bin/sh

mount -t vboxsf vmdir /home/jake/vmdir

コマンド「crontab -e」でcrontabを編集します。
以下の1行を追記して保存します。

@reboot /etc/rc.local

Guest Additionsのインストール

VirtualBox上の仮想マシンなので、Guest Additionsをインストールします。
まずは、CDイメージの挿入。

次に以下の流れで作業します。
・必要なパッケージをインストール
・Guest Additions インストールCDイメージをマウント
・CDのデレクトリに入ってGuest Additionsをインストール
・再起動

# dnf -y install gcc kernel-devel kernel-headers dkms bzip2
# mount /dev/cdrom /media/
# cd /media/
# ./VBoxLinuxAdditions.run install
# reboot

SSHでログイン

ここからはSSH越しに作業します。
管理ユーザになって作業します。

なにはなくともVimとgitとscreenをインストール。

# dnf install vim git screen

これで下準備が整いました。

終わりに

以上、Fedora26を最小セットアップしたあとにやったことを紹介しました。

ずいぶん久しぶりにRedHat系のLinuxを触りました。なんだか素直な印象。

次回は、Apacheをインストールします。

Fedora26にApache2.4をインストール
Fedora26にApache2.4をインストールしました。ドキュメントルートを変更するため、SELinuxを無効にしたり、Apacheの実行ユーザを変更したりと、結構特殊な設定となってます。

というわけで、今回はこれにて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

野村 野村のプロフィール
メインPCはWindows10のVirtualBox上のFreeBSD。Linux/Unixの小ネタを求めて日々右往左往してたりする。twitterやってます⇒https://twitter.com/usr_sbin。Facebookもやってます⇒https://www.facebook.com/nomura.634