Fedora26にApache2.4をインストール

はじめに

こんにちは、野村です。

前回、VirtualBoxにFedora26をセットアップしました。

Fedora26を最小インストールした直後にやったこと
VirtualBoxにFedora26を最小インストールした直後にやったことを紹介します。この仮想マシンの目的はWeb開発環境。各種サーバーをセットアップする前の下準備です。

今回からは、これにWeb開発環境をセットアップします。
あくまでローカルの開発環境なので、多少乱暴な設定になります。
公開用途のサーバの場合は参考にならないかも知れません。

下準備

ドキュメントルートの作成

普段使うユーザのホームデレクトリ内にWebのドキュメントルートを作っておきます。

$ mkdir -p ~/www/html

SELinuxの無効化

SELinuxを無効にします。

管理ユーザになって「/etc/selinux/config」を編集します。
SELINUX=の部分をdisabledに書き換える。

SELINUX=disabled

そして仮想マシンを再起動。

インストール

管理ユーザになってhttpdをインストール。
そして、ウェルカムページを削除します。

# dnf -y install httpd
# rm -f /etc/httpd/conf.d/welcome.conf

ファイアウォールの設定をします。

# firewall-cmd --add-service=http --permanent
# firewall-cmd --reload 

仮想PCの起動時にhttpdを起動するようにします。
そして仮想マシンを再起動してhttpdの起動チェック。

# systemctl enable httpd 
# reboot

httpdの設定

起動を確認したら管理ユーザになってhttpdの設定ファイル「/etc/httpd/conf/httpd.conf」を編集します。
変更する箇所は以下のような感じ。

User jake ←普段使うユーザに変更
Group jake ←普段使うユーザのグループに変更

ServerAdmin root@jake.jake ←管理者のアドレスを記入

ServerName www.jake.jake:80 ←サーバー名を指定

DocumentRoot "/home/jake/www/html" ←ドキュメントルートを変更
<Directory "/home/jake/www/html"> ←その下にこの5行を追記
  Opthins Indexes FollowSymLinks ExecCGI
  AllowOverride ALL
  Require all granted
</Directory>

DirectoryIndex index.html index.cgi index.php ←インデックスファイルの設定

AddHandler cgi-script .cgi ←コメントアウトを削除

設定を反映させるには、以下のコマンドを実行します。

# systemctl restart httpd

終わりに

以上、VirtualBox上のFedora26にApache2.4をセットアップする例を紹介しました。

SELinuxを無効にしたらFedoraを使う意味がない気がするのだけど、結果オーライ。
SELinuxを有効にした状態での設定方法は、いずれ勉強するということで。

次回はこのFedora26にPHP7.1とMariaDBをインストールします。

Fedora26にPHP7.1とMariaDBをインストール
VirtualBox上のFedora26にPHP7.1とMariaDBをインストールしました。とりあえずWebの開発環境が整ったということになります。あとは何を作るかだな。

というわけで、今回はこれにて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

野村 野村のプロフィール
メインPCはWindows10のVirtualBox上のFreeBSD。Linux/Unixの小ネタを求めて日々右往左往してたりする。twitterやってます⇒https://twitter.com/usr_sbin。Facebookもやってます⇒https://www.facebook.com/nomura.634