FreeBSD11.1をインストールしたあとにやったこと

はじめに

こんにちは、野村です。

前回、VirtualBoxにFreeBSD11.1をインストールしました。

VirtualBoxにFreeBSD11.1をインストール
VirtualBoxにFreeBSD11.1をインストールする手順をキャプチャ画像で追いながら紹介します。

今回は、ごく簡単に設定してみます。

インストール直後

なにはなくともrootでログイン。

# freebsd-update fetch
# freebsd-update install
# pkg update
# pkg install vim sudo bash

そしてシステムのアップデート。
それから、vim、sudo、bashをインストールしました。

vimというのは、コマンドラインで使えるテキストエディタ。
sudoというのは、一時的に管理者権限を利用できるようにするコマンド。
bashというのは、コマンドラインのインタフェースを提供するソフトウェアの一種です。

PCはできるだけ最小の構成で整えていくのが定石。
余計なものをインストールしたくなければ、vimではなくvim-liteを選ぶのもよいかと思います。

今回の場合、最終的にはGUI環境を導入してデスクトップとして活用する予定なので、あえてvimのほうをインストールしました。

sudoの設定

visudoコマンドを起動して設定ファイルを編集します。

# visudo

操作方法はvimと同じです。
sudoを使えるようにしたいユーザ(ここでは jake としておく)の指定を最終行に追記します。

jake ALL=(ALL) ALL

これでjakeさんがsudoを使えるようになりました。

シェルを変更する

FreeBSDのデフォルトのシェルはcsh。これをbashに変更しようと思います。
理由は、使い慣れてるから。

root と jake のシェルをbashに変更したい場合は以下の通り。

# chsh -s /usr/local/bin/bash
# chsh -s /usr/local/bin/bash jake

いったんログインし直せば、シェルが変更されます。

変更したら一応、有効になっているシェルを確認してみましょう。
以下のコマンドで見ることができます。

# echo $SHELL

vimの設定

デフォルトのままでは使いにくいので、ここで最低限の設定をしておきます。

# vim .vimrc

以上のコマンドで.vimrcというファイルを作成しつつ開き、以下の7行を打ち込みました。

:set number
:set autoindent
:syntax on
:set whichwrap=b,s,h,l,<,>,[,]
:set list
:set title
:set showmode

保存&終了したら、通常のユーザ(jakeさん)の環境でも使えるようにしておきます。

# cp .vimrc /home/jake/
# chown jake /home/jake/.vimrc

vimの細かい設定は、後でゆっくりやるつもり。

ネットワークの設定

前回、仮想マシンをセットアップする際に、ネットワークアダプタを2つ設定しました。
1つ目のネットワークアダプタにはDHCP(IP自動割り当て)が設定されているはず。
ここでは、2つ目のネットワークアダプタを設定します。

ネットワークを設定するファイルは、/etc/rc.conf です。
vim で /etc/rc.conf を開き、「ifconfig_em0=”DHCP”」と書かれた行の下に以下の一行を書き加えます。

ifconfig_em1="inet 192.168.56.8 netmask 255.255.255.0"

ファイルを上書き終了して、以下のコマンドを実行すると、ネットワークの変更が反映されます。

# /etc/netstart

これで、このゲストPCのIPアドレスが 192.168.56.10 に変更されました。

sendmailの無効化

sendmailというのは、メールサーバソフトの一種です。

今回は最終的にデスクトップとして使うのでsendmailは使いません。なので無効にします。
/etc/rc.conf に以下の4行を追記。

sendmail_enable="NO"
sendmail_submit_enable="NO"
sendmail_outbound_enable="NO"
sendmail_msp_queue_enable="NO"

これで仮想PCを再起動すれば設定が反映されます。

まとめ

以上、FreeBSDをセットアップした直後にやっておいたことを紹介しました。
具体的には、vim、sudo、bashのインストールと設定、ネットワークの設定、それからsendmailの無効化です。

次回は、GUI環境のセットアップの予定です。

FreeBSD11.1にGUI環境をインストール
VirtualBoxにインストールしたばかりのFreeBSD11.1にGUI環境をセットアップしてみました。軽量化を図るためにデスクトップ環境は使わず、OpenBoxのみで構築します。

というわけで、今回はこれにて。