ArchLinuxを再インストール、そして固定IPにもリトライ

はじめに

こんにちは、野村です。

VirtualBox上のArchLinuxをいじり倒して挙動が怪しくなりました。
もう、完全敗北。

なので身をわきまえて再インストールすることに決めたのですよ。
とにかく場数を増やそう。

Archのセットアップ

こちらの記事が大変参考になりました。

# 最初に VirtualBoxにArchLinuxをインストール、XFCEをインストールしていきます このページではArch Linuxのインストールから、Xfceの設定までを書きます UEFI-GPT環境でインストールします、その...

この記事から「Xorgのインストール」までをそのまま踏襲させて頂きました。
あとは自力でなんとかします(つーか、すでにこの時点でほぼ他力本願だけど)。

しかし、自分の勉強不足が身にしみるなあ。

IPを固定する

このネタは以前、単独の記事にしました。

ArchLinux4.13のネットワークアダプタを固定IPにする
今回は、ArchLinuxのネットワークアダプタを固定IPに設定する作業の記録です。初めてArchを試したので勝手がわからない。でも、少しづつ形になっていくっていうのはいいもんですね。

で、今回、その記事を試したところ反映されなかった。なぜだ?
なので全く違う方法でリトライです。

構成

デフォルトではDHCPになっているけど、こんな構成に設定しなおします。

interface 割り当て address
enp0s3 NATネットワーク 10.0.2.103/24
enp0s8 ホストオンリーアダプタ 192.168.56.13/24

/etc/systemd/network/enp0s3.network

[Match]
Name=enp0s3

[Network]
Address=10.0.2.103/24
Gateway=10.0.2.1

/etc/systemd/network/enp0s8.network

[Match]
Name=enp0s8

[Network]
Address=192.168.56.13/24

反映させる

試したことを全部掲載。成功したけど、これでいいのかな?
最後の3行だけでいい気がする。

# netctl stop enp0s3
# netctl stop enp0s8
# netctl disable enp0s3
# netctl disable enp0s8
# systemctl stop netctl@enp0s3
# systemctl stop netctl@enp0s8
# systemctl disable netctl@enp0s3
# systemctl disable netctl@enp0s8
# systemctl reenable systemd-networkd
# systemctl restart systemd-networkd
# reboot

終わりに

以上、ArchLinuxをインストールしなおして、IPを固定するまでのメモでした。

次回は、GUI環境の整備です。

ArchLinuxのGUI環境はTWMで貫き通そうと思った
TWMというウィンドウマネージャは、xorgの起動テストに使った後は用済みになることが多い。でもあえて使い続けることにした。理由は、軽いから。

というわけで、今回はこれにて。