ターミナルエミュレータ「rxvt」で軽快コマンドライフ

はじめに

こんにちは、野村です。
今回は、ターミナルエミュレータ「rxvt」の導入と設定方法です。

Fedoraではrxvtを使うことにした

Fedora27をインストールして見て驚いたのは、リポジトリにmltermがなかったこと。
mltermは、w3mでwebサイトを閲覧していても、文字化けやレイアウト崩れが少ないので、ずっと愛用していたのですよ。

一応、mltermのrpmをダウンロードしてインストールしてみました。
でもmlterm上でIMEがオンにならなかった。
プラグインが必要なのかな?

mltermが使えないのなら、Fedoraを使うのを見送ろうとも思ったのだけど、ターミナル・エミュレータだけでディストリビューションの良し悪しを決めるわけにいかない。

考えてみれば、CPUもメモリも十分なので、GUI環境でw3mを使うことはめったにない。
mltermにこだわり過ぎてちゃダメだ。

てなわけで、軽快なターミナルエミュレータの代名詞「rxvt」を導入することにしました。

インストール

256色、ユニコード、マルチランゲージ対応のパッケージをインストール。

$ sudo dnf install rxvt-unicode-256color-ml

起動するときは、

$ urxvt256c-ml &

になるのかな?
なんだか長いから

$ urxvt &

でいいや。

設定

設定ファイル「~/.Xdefaults」に以下を追記しました。

URxvt.geometry:             96x32
URxvt.scrollBar_right:      true
URxvt.scrollBar_floating:   true
URxvt.scrollstyle:          plain
URxvt.cursorBlink:          true
URxvt.cursorUnderline:      true
URxvt.pointerBlank:         true
URxvt.visualBell:           false
URxvt.saveLines:            3000
URxvt.fading:               40

URxvt.font:                 xft:Dejavu Sans Mono-10,\
                            xft:VL ゴシック
URxvt.letterSpace:          -1
!URxvt.lineSpace:            0

!! Color Scheme and Opacity - gruvbox-dark https://github.com/morhetz/gruvbox
URxvt.depth:                32
URxvt.color0:               [90]#282828
URxvt.color1:               [90]#cc241d
URxvt.color2:               [90]#98971a
URxvt.color3:               [90]#d79921
URxvt.color4:               [90]#458588
URxvt.color5:               [90]#b16286
URxvt.color6:               [90]#689d6a
URxvt.color7:               [90]#a89984
URxvt.color8:               [90]#928374
URxvt.color9:               [90]#fb4934
URxvt.color10:              [90]#b8bb26
URxvt.color11:              [90]#fabd2f
URxvt.color12:              [90]#83a598
URxvt.color13:              [90]#d3869b
URxvt.color14:              [90]#8ec07c
URxvt.color15:              [90]#ebdbb2
URxvt.foreground:           [90]#ebdbb2
URxvt.background:           [90]#282828
URxvt.colorIT:              [90]#8ec07c
URxvt.colorBD:              [90]#d5c4a1
URxvt.colorUL:              [90]#83a598
URxvt.scrollColor:          [90]#504945

設定を反映させるときは以下のコマンドです。

$ xrdb -merge .Xdefaults 

終わりに

以上、ターミナルエミュレータ「rxvt」の導入と設定方法を紹介しました。

確かに軽快。
でもmltermが名残惜しい。
慣れるまでガマンだな。

というわけで、今回はこれにて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

野村 野村のプロフィール
メインPCはWindows10のVirtualBox上のDebian。Linuxの小ネタを求めて日々右往左往してたりする。twitterやってます⇒https://twitter.com/usr_sbin