タスクバー上でメモリ使用量を監視(システム負荷モニター)

はじめに

こんにちは、野村です。

デスクトップ用途のLinuxでメモリ使用量を常時監視したくなりました。

普段は使っているパネル「lxpanel」は、システムトレイにCPU使用量をモニタできるけど、メモリ使用量はモニタできません。
こんな感じ。CPU使用量のみがグラフ表示されます。

なんとかしてメモリも監視できるようにしたいもんだ、と思って調べてみたら「xfce4-panel」というパネルにはCPUやメモリを監視するプラグインがあるとのこと。
さっそく導入してみることにしました。

インストール

インストールはこんな感じ(debianの場合)。

$ sudo apt install xfce4-systemload-plugin

xfce4-panelが入ってない場合は、一緒にインストールされます。

xfce4-panelの起動

~/.xinitrc から従来のパネル起動させる行を削除し、代わりに「xfce4-panel &」と追記する。

仮想コンソールからコマンド「startx」を実行してGUIを起動する。

システム負荷モニターの導入

xfce4-panel上で右クリック
→パネル(L)を選択
→新しいアイテムの追加(N)を選択

出現したウィンドウ上の「システム負荷モニター」を選択してボタン「追加」を押す。

これでパネル上に「システム負荷モニター」が表示されます。

終わりに

以上、パネル上でメモリ使用量を常時監視できるようにしてみました。

ごく簡単なものだけど、自分には十分です。

というわけで、今回はこれにて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

野村 野村のプロフィール
メインPCはWindows10のVirtualBox上のFreeBSD。Linux/Unixの小ネタを求めて日々右往左往してたりする。twitterやってます⇒https://twitter.com/usr_sbin。Facebookもやってます⇒https://www.facebook.com/nomura.634