【これでいいのか→解決】FreeBSDの仮想コンソールの切り替え

はじめに

こんにちは、野村です。

今回は、「VirtualBox上のFreeBSDにおける仮想コンソールとデスクトップの切り替え方法」についてです。

切り替える方法がわからず、とにかくいろいろ触っているうちに判明したのだけど、どうも納得がいかない。

と、いう記事を書いたのだけど、その後、一度寝て起きたら、正しいと思われる方法が判明。
お騒がせしました。

仮想コンソール⇔デスクトップの切り替え方法

Vine6.5の場合

Vine6.5は、この方法で切り替える。
以前のdebian系(だけなのかな?)もこうだったはず。

ショートカット ***
[Ctrl+Alt+F1]〜[Ctrl+Alt+F6] 仮想コンソール
[Ctrl+Alt+F7] デスクトップ

debian9の場合

うまく説明できないけど、こう書けばいいのかな?

ショートカット ***
[Ctrl+Alt+F1]〜[Ctrl+Alt+F6] 仮想コンソール/デスクトップ

たとえば、tty1上でstartxした場合、
・仮想コンソールに行くときは、[Ctrl+Alt+F2]〜[Ctrl+Alt+F6]
・デスクトップに戻るときは、[Ctrl+Alt+F1]
という具合。

ちなみにttyごとにデスクトップを起動できる。でも必要あるのか謎。

FreeBSD11の場合

問題のFreeBSDです。

ショートカット ***
[Ctrl+Alt+F1]〜[Ctrl+Alt+F8] 仮想コンソール
[Ctrl+Alt+F9]を押した後、画面上をマウスでクリック デスクトップ

何だこれ?なぜクリック?
デスクトップに戻るためとはいえ、仮想コンソール上でマウスを使うのは違和感あるなあ。

最後に

以上、VirtualBox上のFreeBSDにおける仮想コンソールとデスクトップの切り替え方法が何だか納得いかない!という報告でした。

というわけで、今回はこれにて。

追記

一回寝て起きて、試してみたら判明。
FreeBSDの仮想コンソールからデスクトップに移る方法。

ショートカット ***
[Ctrl+Alt+F1]〜[Ctrl+Alt+F8] 仮想コンソール
[Ctrl+Alt+F9]を押した後、数秒待つ デスクトップ

マウスでクリックとか、何かキーを押すとかは勘違いでした!
何もしなくてもデスクトップに戻れました。

というわけで、お騒がせしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

野村 野村のプロフィール
メインPCはWindows10のVirtualBox上のDebian。Linuxの小ネタを求めて日々右往左往してたりする。twitterやってます⇒https://twitter.com/usr_sbin