Android-x86-4.4をVirtualBoxにインストール

はじめに

こんにちは、野村です。

今回は、Android-x86-4.4をVirtualBoxにインストールする手順を紹介します。

Android-x86というのは、ぶっちゃけPC向けのAndroidです。

2017年10月現在、Android-x86の最新バージョンは7.1。
なぜ今頃4.4をインストールするのかというと、携帯っぽく縦長画面にして使いたいから。
4.4より後のバージョンで自由に解像度を変更する方法を知らないのですよ。

判明次第、別途に記事を書くつもりです。

ダウンロード

ここからインストールイメージ「android-x86-4.4-r5.iso」をダウンロードしました。

リリース android-x86 Release 4.4 - Android-x86 #osdn

VirtualBoxの設定

・cpu:32bit
・メモリ:2G
・HDD:16G
・システム→マザーボード→ポインティングデバイス:PS/2マウス
・ディスプレイ→スクリーン→ビデオメモリー:32MB
・ネットワーク→アダプター1:NAT
・ネットワーク→アダプター2:ホストオンリーアダプター

仮想マシンを起動

インストールを選択

Create/Modify partitions を選択して「OK」

GPTを使うので「Yes」

Enterを押して次に進む

[New]を押す

Enterを押す

Enterを押す

Enterを押す

Enterを押す

作成したパーテーションを選択して[write]を押す

「yes」と入力してEnter

[Quit]を押す

sda1を選択して「OK」

ext3を選択して「OK」

「Yes」で先に進む

GRUBをインストールするので「Yes」

GRUB2は使わないので「Skip」

/systemに書き込み権限が欲しいので「Yes」

書き込みが始まるけどすぐ終わる

インストール終了。
インストールディスクイメージを強制マウント解除して「Reboot」

再起動後、こんな画面になったら成功です。

Androidが起動した後の設定は割愛します。

おわりに

以上、VirtualBoxにAndroid-x86-4.4をインストールする手順を紹介しました。

次回は、Android-x86の画面を縦長にする方法です。

VirtualBox上のAndroid-x86-4.4を縦長画面にする
今回は、VirtualBox上のAndroid-x86の解像度を調節して縦長画面にする方法です。実機を持ってないので、webサイトの確認に使おうと思ってます。

というわけで、今回はこれにて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

野村 野村のプロフィール
枕は高いほうがいい。高いほうが本を読みやすいのですよ。なので広めのタオルケットを何重にも折りたたんでその上に枕を載せてその上に頭を載せてたりする。twitterやってます