―AViutlやってみよう講座 (カメラ制御)―

ドモヽ(´Д` )( ´Д`)ノドモ
テンションが最近やたらと高いJackだよ。
「移動も回転も完璧だ!」だけど、それじゃあ物足りない。
もっともっと違う事もやってみたい!

待ちに待ったカメラ制御が始まる時だ!
☆-(ノ´∀`)人(´∀`*)ノイエーイ

難しい部分を省いて、簡単な部分を紹介して行きます。
それではやってみよう講座!の難題、カメラ制御についてやって行きましょう。ヽ(・∀・)ゞヨッ

目次

※↓クリックで他のやってみよう講座へ移動出来ます。

Aviutl 実際にやってみよう講座(初心者向け)
動画・画像の回転編
中間点移動編
テキスト挿入編
制御文字編
倍速・低速設定編
カメラ制御編

そもそもカメラ制御って何ですか?

Aviutlには カメラ制御 という機能がある。
これは、動画内をくるくる回転させる。つまり、立体的(3D)な映像が製作出来る。
「じゃあ、立体的な動画を作っちゃおう!」 と思うのですが、
これが中々難しい・・・。

なので、まずは下準備から始めます。
、カメラ制御を使用する為、タイムラインにカメラ制御を設置しよう!

タイムライン上で右クリック⇒カメラ制御⇒カメラ制御で設置可能

これで、カメラ制御の使用が出来る。しかし、その他オブジェクトがありません。
、Layer1の下に 円、又は四角の図形を設けましょう。

タイムライン上で右クリック⇒メディアオブジェクトの追加⇒図形で設置可能
 立体図形にしたい場合は、アニメーション効果⇒立方体(カメラ制御)

下準備が完了したら↓へ進みます!

マウス操作(ズームイン・ズームアウト)

カメラ制御では、オブジェクトに対し、ズームイン・ズームアウトが出来ます。
カメラ制御を選択した状態で、
ウインドウ上 マウス右ドラッグカメラを動かす
ウインドウ上 マウス右ドラッグ+ctrl でズームイン・ズームアウト だ!

Aviutl動画製作でよく使うショートカットなので、覚えておこう。

カメラ制御の初期設定

↓の値(Z-1024.0 ) がカメラ制御の初期値です。

このように一瞬で元の状態に戻したい場合は、
カメラ制御の欄上で 右クリック⇒設定の初期化 で戻せる!ヽ(・∀・)ゞヨッ

カメラを動かしてみよう

カメラ制御と四角の立体図形が用意できたら、後は中間点の要領で動かすだけ!
「マジか!?」(゚Д゚)エッ

マジです!www
回転と移動を学んだ人には分かる筈!と言うことで、やっていきましょう。

、カメラ制御を選択し、直線移動 にします。
後にウインドウ上マウス右ドラックで好きに動かしましょう。(右値の変更でも動く。)
※この時、カメラ制御の終わり部分に合わせる。
 開始から終わりにかけて移動していきます。

※立体図形が平面のままで困っている人は↓をどうぞ。
、↓部分を左クリック。カメラ機能がON状態になる。

カメラ制御おまけコーナー

Youtubeとかで見かける、文字をばらばらにしているオブジェクトを
僕なりに簡単実践して見たよ。

、テキストで a と入力後、アニメーション効果⇒ランダム配置
  数を220に増殖させて、3D配置(カメラ制御)にチェックをする。

、カメラ制御で再生させると、全面的に広がる!
  スゲ━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━!!!!
  ↓クリックで動画再生が出来ます。

、逆に 3D配置(カメラ制御)のチェックを外すと、↓のように平たくなる。

最後に

カメラ制御に中間点を設置することで、動きを増やせます。
値に変化があったりするので、微調整は怠らず・・・。|ω・`)ちらり

ランダム配置、全て表示の隣にある 設定 をいじるとテキストの動きが変わるので、
是非、試して下さい!バイバイ(´・ω・`)ノシ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Jackのプロフィール
どうも、管理者 jackです! 基本的にテンションが高い僕は機械いじりも絵描きも食事も大好きだ! 外出は少ないんですけどね。(笑) 面白く、飽きさせない記事をアップしていくので応援宜しくお願いします! (・w・)ふぉおお