―Aviutlやってみよう講座 (制御文字)―

テキスト挿入が出来たし、文字サイズとか書体とか
自分好みに手動で変えたいなあ~。
と言う事で・・・制御文字に手を出したいと思います!ヽ(・∀・)ゞヨッ

※HTML、CSSをかじっている人は理解が早い。

目次

※↓クリックで他のやってみよう講座へ移動出来ます。

Aviutl 実際にやってみよう講座(初心者向け)
動画・画像の回転編
中間点移動編
テキスト挿入編
制御文字編
倍速・低速設定編
カメラ制御編

文字サイズ変更

テキスト[標準描画]の部分で大体の変更は出来るのですが、
テキストの一部分だけの変更は難儀です。(´・ω・`)ショボーン

「もっとこう・・・違うフォントにしたいんだけどな~。」
という時に<s><s>のタグが役に立つ。

<s><s> なんて何に使うの?」と思う方はいるでしょう。
これは変更したいフォントのサイズを変更してくれるんです!
マジでか!?|ω・`)

「でも、 サイズ をいじれば、大きさなんて直ぐ変わるでしょ?」
実はこれ・・・サイズに左右されません
例として↓に画像をアップします。

サイズが 60 なのに、文字の大きさは 241 となっています。
<s><s>が反映されているのです!

「ええ~!?でも使い方がいまいちわかんないよ。」
制御文字は実は意外と簡単で、<s>と<s>の間にフォントを挟めば良いだけ
例えば↓のように文章を入力して<s>と<s>で挟みます。

<s>サイズ変更したいフォントを入れる。<s>

これに文字の大きさを足して上げると、その大きさに変更される。

<s241>サイズ変更したいフォントを入れる。<s>

の場合、文字は241になります。 s=サイズ と覚えると良いでしょう!

では、お題として「を覚えましょう!」の
「を」部分を文字サイズ200に
「覚えましょう!」部分を241にして見ましょう。

タイムライン上で右クリック⇒メディアオブジェクトの追加⇒テキスト で
「を覚えましょう!」と入力。

、サイズをいじらず↓のように<s><s>で挟みます!

  <s200>を<s><s241>を覚えましょう!<s>

これで「を」は200 に 「覚えましょう!」は241になりました。(`・д・´)キリッ
サイズ変更は終わりだ!ヽ(・∀・)ゞヨッ

文字書体変更

↑で学んだ事を活用し、フォントの書体を変更したいと思います。
これもまた テキスト[標準描画]で変更できるのですが、全体反映ですので
一部変更が出来ない(´・ω・`)ショボーン

では、早速やって行きましょう。
<s>と<s>で挟んだフォントはサイズ変更されますが、書体はそのまま。
他の書体に変更したい時は、書体名を<s>に入れると反映される。
例として↓に画像をアップします。

「を」だけ書体は メイリオ に変更され、しかも太字になりました。
つまり、 サイズ,書体,装飾 の並びで反映される訳だ!

「おおおおお!!」と思うでしょう。
もっと分かりやすく表示すると↓のようになる。

<s数値,書体名,太字又は斜体>フォント<s>

「太字とか斜体要らないや。」そんな時は省きます。

<s数値,書体名>フォント<s>

※この時「,」カンマは忘れない事。

これで書体変更は終わりだ!ヽ(・∀・)ゞヨッ

文字のカラー変更

<s><s>タグと似た容量です。
だけど、今回は<s><s>タグを使いません!なんと!?( ;゚д゚)ゴーン

それは<s><s>タグはサイズ変更ですので、カラー変更では使わない
では、「どうするの?」という話。

答えはシンプルで<s><s>と似た容量ですから、
色でフォントを挟んであげれば良いのです!(`・д・´)キリッ
例として↓に画像をアップします。

色の指定は 16進数 !
よって「を」の文字は青色に表示されます。
挟む時は<#><#>で挟んでください。

この時、色だけでなく、文字サイズも指定したい場合は <s><#><#><s> で挟みます。
例としてあげると↓のようになる。

<s60><#0000ff>を<#><s>

これでカラー変更は終わりだ!ヽ(・∀・)ゞヨッ

文字の表示速度変更

文字を緩急つけて表示したい時ってありませんか?
そんな時に役立つのが <r><r>タグです。
例として↓のように文章を入力する。

444443333322222

「全部数字じゃねーか!」という細かい点はスルーしてw
<r>44444<r><r>33333<r><r>22222<r> と挟んであげる。

<r>に数値を指定する事で表示速度に変化が生じます。
分かりやすいように大差をつけると良いでしょう。
私は↓のように指定しました。

<r50>44444<r><r15>33333<r><r2>22222<r>

数値が下がるごとに表示速度が遅くなる

※r=表示速度 と覚えましょう!

これで表示速度の変更は終わりだ!ヽ(・∀・)ゞヨッ

文章を消してその上に文章を表示

ル○ン三世的なあれをやるとしたらこれしかない!w
それでは、文章で「おめでとう」と入力してみましょう。

この状態では通常に表示されるだけですので、 <c> を設けます。

※c=クリア と覚えましょう!

「おめでとう」の文章を↓のようにします。

お<c2>め<c2>で<c2>と<c2>う

すると、一文字ずつ表示される。
<c>の数値を変更すると表示速度に変化が生じます。
覚えておくと動画製作の幅が広がりますよ。(σ・∀・)σYO!!
↓に動画を載せました。

最後に

制御文字の組み合わせは自由自在。
発想次第では、「あ!」と驚けますね。うん。
実況動画で使われている人もいるみたいで、テキストに慣れてきたら使って見てください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Jackのプロフィール
どうも、管理者 jackです! 基本的にテンションが高い僕は機械いじりも絵描きも食事も大好きだ! 外出は少ないんですけどね。(笑) 面白く、飽きさせない記事をアップしていくので応援宜しくお願いします! (・w・)ふぉおお