―Aviutlやってみよう講座(移動・中間点)―

回転できたし、画像の簡単な移動を覚えたい!
このページでは画像の移動と中間点についてご紹介していきます。
僕も最初は

「え? 中間点て何?」

ってなりましたけど、動画を製作していく上で必須だと学びました。
では、何故必須なのか?
それもこのページで知るでしょう。www

目次

※↓クリックで他のやってみよう講座へ移動出来ます。

Aviutl 実際にやってみよう講座(初心者向け)
動画・画像の回転編
中間点移動編
テキスト挿入編
制御文字編
倍速・低速設定編
カメラ制御編

通常の移動

《実際にやってみよう講座(回転)》でご紹介したように、
その他に関しても 左値が基準、右値が移動量 となります。

では、早速タイムライン上で右クリック⇒新規プロジェクトの作成 をしましょう。

、タイムライン上で右クリック⇒メディアオブジェクトの追加⇒図形 で
丸い円を追加する。

、ここからが移動の本題で、
X軸 が 
Y軸 が 
Z軸 が 奥行 となります。

つまり、基準となる左値 X を動かすと 1、で追加した丸い円が左右に移動する。
取り敢えず移動開始位置を左側にしたいので-値にして置きましょう。
※↓はXの左値を-700に設定しています。

、Xを左クリックで選択し、直線移動 に設定。
右値を+700にする。
※これで、再生すると円が右へと移動するよ。☆-(ノ´∀`)人(´∀`*)ノイエーイ

中間点を設けた移動

《通常の移動》で右へと真っ直ぐ移動させた画像に更なる動きを加えたい!
そこで活躍するのが 中間点!(σ・∀・)σYO!!

、《通常の移動》で追加した 画像の上で右クリック⇒中間点を追加 する。
すると矢印が現れます。これが中間点↓

、でも中間点は追加しただけで、移動に変化はありません。
そこで、僕達の手で導いてあげよう!ミα(゚Д゚ )マカセロ!!

、移動開始位置に戻ると左値は-700に対し、右値は変化している筈・・・。
これを0にし、Yの右値を200に設定。
※Yの左値(基準値)を変更すると移動開始位置に変化が生じる。

、3で設定した後に再生すると円が下斜めに移動し、上斜めに浮上。
つまり、中間点は移動に変化を生じさせるのです!(ノ゚Д゚)ヨッ

湾曲に移動出来ますか?

《通常の移動》で設置した 直線移動 を 加減速移動 に設定します。
すると、簡単に湾曲移動化が実現。

直線移動 は 真っ直ぐ
加減速移動 は 湾曲

と覚えましょう。’`ィ(´∀`∩

最後に

中間点は複数設けられます。
移動に様々な変化をもたらす事で、動画製作の幅も広がるでしょう。
これで又一歩Aviutlマスターに近づいた!気がする。www|ω・`)チラリ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Jackのプロフィール
どうも、管理者 jackです! 基本的にテンションが高い僕は機械いじりも絵描きも食事も大好きだ! 外出は少ないんですけどね。(笑) 面白く、飽きさせない記事をアップしていくので応援宜しくお願いします! (・w・)ふぉおお