テキストブラウザw3mを使いやすくカスタマイズする

はじめに

こんにちは、野村です。

今回紹介するのは、w3mというテキストベースのwebブラウザです。
仮想コンソールや端末エミュレータの上で使います。
JavaScriptやCSSには未対応で、基本的に画像も表示できません。
なので、軽快に動作します。

Unix系OSを使っていれば、端末上でwebサイトを閲覧する必要も出てくるので、使い方を習得しておいてもいいかも知れません。

↓w3mで見たTwitterの画面。投稿も可能。

テキストブラウザの中には「lynx」というものもあるのですが、テーブルタグに対応していないため、僕は使っていません。

インストール

管理ユーザになって以下のコマンドでインストールできます(debian系の場合)。

# apt install w3m

起動

通常は、w3mコマンドにurlを渡して起動します。

$ w3m google.net

ブックマークを設定している場合、オプション「-B」を渡します。

$ w3m -B

使い方

w3mを起動して「Shift+h」キーを押すとヘルプページ(ショートカットキーの一覧)が表示されます。
慣れないうちは、別途にタブを開いてヘルプページを表示しておくといいかも知れません。

設定

設定画面からの設定

w3mを起動して、「o」を押すと設定画面が表示されます。
基本的にデフォルトのままでもいいのですが、以下の3点を変更をおすすめします。

・表示色
「アンカーの色」を「黄」に変更。
→背景色を暗くしてある場合、青のままでは見にくいから。

・雑多な設定
「マウスを使う」を「NO」に変更。
→マウスを使って文字列のコピーができるようになる。

・文字コードの設定
「ある種のUnicode文字を全角にする」を「YES」に変更。
→罫線などの文字化け対策

キーマップの設定

w3mのキーマップを変更する場合は、~/.w3m/keymap というファイルに記述します。

スクロール関連のショートカットをvim風にする

w3mとvimを同時に立ち上げて作業しているとき、ショートカットの違いでタイプミスすることがあります。特にスクロール関連。なのでw3mの方をvimに合わせてみるといいと思います。

keymap C-e UP
keymap C-y DOWN
keymap C-d NEXT_PAGE
keymap C-u PREV_PAGE

リンクへのジャンプのショートカットを変更

次のリンクへのジャンプはtab、前のリンクへのジャンプはesc-tabとかshift-tabがデフォルト。
でもなぜか仮想コンソール(fbterm使用時など)ではshift-tabが効かない。
あと、esc-tabは押しにくいし、連続して使うことが出来ない。
なのでリンクへのジャンプをctrl-nとctrl-pに置き換えてみるといいと思います。

keymap C-n NEXT_LINK
keymap C-p PREV_LINK

バッファの移動

Shift+bでひとつ前に表示していたページに戻ることができるけど、戻りすぎたときに前に進むショートカットが用意されていない。

keymap N NEXT
keymap B PREV

最後に

今回は、テキストブラウザ「w3m」の設定を紹介しました。

最近までスペックの貧弱なパソコンを使っていたので、w3mにお世話になりっぱなしだったのですよ。
でも、パソコンを新調してからはあまり活躍させてませんでした。
このまま使い方を忘れてしまうのも困るので、気を引き締めて積極的に使おうと思ってます。

というわけで、今回はこれにて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

野村 野村のプロフィール
枕は高いほうがいい。高いほうが本を読みやすいのですよ。なので広めのタオルケットを何重にも折りたたんでその上に枕を載せてその上に頭を載せてたりする。twitterやってます