openboxにショートカットを追加してマウスの使用頻度を抑える

はじめに

こんにちは、野村です。

キーボードからマウスに持ち替えるのが面倒なので、よく使う操作をショートカットに設定してみました。

環境は、Windows10、VirtualBox5.1、debian9.1、openbox3.6.1-4です。

設定ファイルを設置

openboxの設定ファイルは、~/.config/openbox/rc.xmlです。
ただし、デフォルトの状態では設置されていません。
なので、/etc/xdg/openbox/rc.xmlからコピーする必要があります。

$ mkdir ~/.config/openbox
$ cp /etc/xdg/openbox/rc.xml .config/openbox/

ショートカットキーの設定

新たにショートカットキーを設定するときは、Windows10のものとのバッテイングを避けるためにShift+Windowsキーを使うのがおすすめです。

rc.xmlを変更したら、

$ openbox --reconfigure

で設定が反映されます。

端末エミュレータの起動

以下のコードをrc.xmlのkeybordノード内に挿入

    <keybind key="S-W-t">
      <action name="Execute">
        <command>x-terminal-emulator</command>
      </action>
    </keybind>

Shift+Windows+tで端末エミュレータが起動します。

lxpanelのメニューを開く

以下のコードをrc.xmlのkeybordノード内に挿入

    <keybind key="C-Escape">
      <action name="Execute">
        <command>lxpanelctl menu</command>
      </action>
    </keybind>

Ctrl+Escでlxpanelのメニューが起動します。

ウィンドウの移動

以下のコードをrc.xmlのkeybordノード内に挿入

    <keybind key="S-W-u">
      <action name="MoveResizeTo">
        <x>0</x>
        <y>0</y>
      </action>
    </keybind>
    <keybind key="S-W-i">
      <action name="MoveResizeTo">
        <x client="yes">1/3</x>
        <y>0</y>
      </action>
    </keybind>
    <keybind key="S-W-o">
      <action name="MoveResizeTo">
        <x client="yes">1/2</x>
        <y>0</y>
      </action>
    </keybind>
    <keybind key="S-W-p">
      <action name="MoveResizeTo">
        <x client="yes">2/3</x>
        <y>0</y>
      </action>
    </keybind>

Shift+Windows+u、Shift+Windows+i、Shift+Windows+o、Shift+Windows+oでウィンドウの位置を変更します。

ウィンドウの大きさの変更

以下のコードをrc.xmlのkeybordノード内に挿入

    <keybind key="S-W-h">
      <action name="MoveResizeTo">
        <width client="yes">1/3</width>
        <height client="yes">19/20</height>
      </action>
    </keybind>
    <keybind key="S-W-j">
      <action name="MoveResizeTo">
        <width client="yes">1/2</width>
        <height client="yes">19/20</height>
      </action>
    </keybind>
    <keybind key="S-W-k">
      <action name="MoveResizeTo">
        <width client="yes">2/3</width>
        <height client="yes">19/20</height>
      </action>
    </keybind>

Shift+Windows+h、Shift+Windows+j、Shift+Windows+kでウィンドウの大きさを変更します。

最後に

今回は、openboxにショートカットキーを追加しました。
この方法以外にxbindkeysというツールを使ってショートカットを設定する方法もあります。
xbindkeysは、ウィンドウマネージャを変えても使えるので便利です。
でも、当面はopenbox以外のウィンドウマネージャを使うつもりがないので、今回の方針をとりました。

というわけで、今回はこれにて。